女の人

鼻整形で綺麗な自分に出会う|プロのケアで変身しよう

鼻を高く見せる方法とは

カウンセリング

物理的な手法を用いると

鼻を高く見せたい、と考える方は少なくありません。平面的な顔が特徴的な日本人であれば、特にそう思っている人は多いでしょう。実際、平面顔をコンプレックスに抱えている人も多く、そういった人たちはメイクや髪形によって平面的な顔をカバーしています。とはいえ、元々の鼻、骨格自体を変化させることは出来ないため、どうしても根本的な解決にはつながらないのが現実です。そのため、根本的に骨格から変えたいのであれば、美容外科で鼻整形の手術を受けるとよいでしょう。鼻整形は単純に鼻を高くする方法であれば大きく分けて二つの方法が挙げられます。まず一つ目が肌の頭部分にシリコンを入れていく方法です。この方法はメスを使ってシリコンを埋め込んでいく必要がありますが、手術自体は鼻の穴の中から行うため、表立って傷口が目立つことはありません。そして二つ目がヒアルロン酸注射を用いる方法です。ヒアルロン酸注射は鼻整形以外の整形手術でも用いられるほど有名なもので、傷口を残さずに、さらには体への負担を最小限に抑えながら鼻を高くすることが可能です。所謂プチ整形と呼ばれる治療のため、医療機関によっては数分程度の作業で治療が完了します。入院や通院の手間がかからない、さらには費用負担が他の治療に比べて少ないという点もこの方法の大きな魅力となっています。とはいえ、中には鼻の高さだけでなく大きさ、形を調整したいという人もいるでしょう。こうした場合には医療機関によって多少の違いはあるものの、上記以外の鼻整形の方法が用いられます。

小鼻や骨の整形手術

鼻の形、さらには小鼻部分がコンプレックスとなっている場合、骨を削って骨格自体を変化させたり、あるいは小鼻を切開して物理的に鼻を小さくしていく方法が用いられます。それぞれのケースで具体的な手術方法は異なってくるものの、メスを使えば使う程、術後のケアが重点的に必要になるため費用はかさむ傾向にあります。入院期間、通院期間に関しても並行して長くなることになるので、利用の際は注意しておくと良いでしょう。出来るだけ周りにバレずに鼻整形に挑戦していきたいという場合には、先に挙げたプチ整形やシリコンを埋め込む手法がオススメです。逆に周りにばれてもいいから鼻のコンプレックスを劇的に解消していきたいという場合には後者で挙げた手術がベストな方法となります。どの方法を選択するにしてもまず大切になってくるのがそれらの手術を受ける医療機関選びです。こうした鼻整形は手術を行う医師の腕、さらには病院の設備によって良し悪しが変わってきます。出来るだけ実績が多い病院、医師を選ぶことはもちろんですし、必要に応じて口コミサイト、ランキングサイトをチェックしていくことも大切です。前以て病院や医師の評判をリサーチしておけば、ある程度信頼のおける病院を絞りこむことができますし、それによって手術によりリスクを最小限に抑えることが可能になってきます。これから鼻整形に挑戦するという人はもちろんのこと、興味はあるけれども実態を把握しきれていないという人も一度こうした方法でリサーチをかけてみることをおすすめします。